増資決定までの増資つなぎ資金による運転資金調達

増資つなぎ資金とは、事業拡大の際などの一時的な資金繰りを乗り切る為の融資を指します。具体的には、銀行や信用金庫が、事業規模が大きくなり、社員も増えてきた企業に対して、運転資金の提供額を増資する事です。

銀行や信用金庫は会社の経営状況や資産状況等の確認を行い、決定を下してから実際に投資が行われますが、この工程に時間がかかってしまうので、実際に融資が実行される間の運転資金提供として使われています。

増資つなぎ資金の条件としては、振込資金による返済を行うことなので、実行が行われるまでの短期間一時的に利用されています。これにより、企業側としても運転資金の調達に対して隙間が空くことがなく、通常通りの会社運営を行うことが可能なので、資金提供の変更に伴う融資調達のストップをされる心配もありません。

実際には新興企業や中小企業など会社の規模が大きく変動しやすいところの申し込みが多いといわれ、会社運営の軌道さえ乗れば急激な成長を遂げますが、すぐに急落下する場合があるので、銀行側の判断としても簡単に成長したからといって気軽に融資を行う事はなく、投資するリスクを経営状況や資産状況などを見比べて判断を行います。

こういった制度は、銀行や信用金庫以外でも地方自治体が行う制度融資でも行われており、その土地でビジネスを行ってもらうために低金利により現金の融資が実行されるのです。こちらの場合には会社が成長したことによる追加融資に対しても、低金利で利用することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ