総量規制で定められたキャッシング枠の上限融資額の設定

総量規制とは、2006年に改正された貸金業法に新たに追加された規制のことで、顧客となる個人に対して原則、年収の3分の1以下の金額しか融資することができなくなりました。総量規制の登場の背景には過剰な融資や取り立てなどが社会問題化しています。

顧客となる債務者が自分の返済能力を超える融資を受けることが可能なため、返済不能に陥ってしまい、自己破産などが相次ぎ、この自体を打破するために設けられました。

総量規制による、クレジットカードや消費者金融から受けられるキャッシングに関する与信枠に上限が設けられており、年収3分の1以下の制限は複数の金融機関から現金の融資を受けている場合には複数の金融機関の与信枠のトータルが該当するので、注意が必要になります。

例えば、キャッシング機能が搭載されたクレジットカードを複数枚所有している場合には、各クレジットカードの与信枠が年収3分の1の制限にカウントしてしまうので、新たに消費者金融や銀行のローンサービスを利用する場合には、現在のトータルの与信枠と年収から割り出される金額に設定が行われます。

そのため、キャッシング機能搭載のクレジットカードを複数所有している場合には、消費者金融や銀行のローンサービスで設定される与信枠が低く設定されるので、使わないクレジットカードがある場合には解約などを行い、与信枠を減らすことが重要です。クレジットカードのショッピング枠に関しては規制に該当しないので、キャッシング枠だけになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ