保険会社の健全性を示すソルベンシー・マージン

ソルベンシー・マージンとは、保険会社の支払い能力を示す数値であり、保険会社の健全性も表すものになります。これによって、保険会社を選択する際には良いプランがあったとしても、保険会社の支払い能力が低ければ、保証してもらえる金額も低くなってしまいます。

大規模な損害が発生した際、ソルベンシー・マージンが低い場合には支払う能力が超えてしまうので、保険会社自体が倒産してしまう可能性が浮上するわけです。当然、倒産した場合には今まで積み立ててきた保険金などは返ってきませんので、利用者が損をしてしまうことになります。

このようなリスクを回避するためにも信用ができる保険会社を選択する必要があり、健全性や支払い能力をソルベンシー・マージンによって算出された数値を見ることで比較が可能になり、自分にあった会社選びが簡単になります。

計算方法としては、リスク想定額に0.5を掛けたものを分母に、保険会社の資本、基金、準備金などを合計したものを分子にし、全体に100を掛けることで、比率を計算することが可能です。

算出された数値が200%を超えるものであれば、行政上では安全だと判断され、逆に200%を切ってしまう数値であれば危険があることで金融庁から監督上の早期措置が行われます。自己資本が多い企業などでは1000%を超えることもあり、200%を超えていたとしても過去に倒産などをした企業があることから一つの目安として判断されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ