株式や外国為替で大きなリスクを負う前に損切りによって売買を行うこと

損切りとは、株式や先物取引、外国為替証拠金取引や不動産などの投資商品を購入した際、対象となる商品の評価額が下落してしまった場合に、損を承知ですぐに商品の売買を行うことで、更なる下落による投資リスクを回避することを言います。

特に投資商品の場合には、各国の経済情勢から企業の動きなどによって価格が常に変動が発生するものであり、例えば、100円で株を購入した場合に、対象の会社が株主からあまり注目を浴びない動きを見せれば、株価は下落するので、できるだけ融資リスクを回避するために早期に売買を行うことで、90円や80円で手放すことができます。

しかし、売買に遅れてしまって10円になった場合には90円の損が発生し、大きなリスクを負うことになるので、売るタイミングを見極める必要があります。

昨今ではインターネットの普及により、自宅のパソコンや外出先で携帯電話を利用することで、株式や外国為替証拠金取引などがいつでもチェックでき、価格の変動などもすぐに対処できる環境が整っているので、損切りのタイミングなどもいつでもどこでも行えるようになりました。

また、1日に数百回の取引を行うことで利益を出すデイトレーダーと呼ばれる株主なども登場しており、少額での取引を何度も行うので、損が発生する取引を発見した場合には、即座に投資リスクを回避するために損切りを行っています。インターネットの普及により、株式や外国為替証拠金取引は大きく変動しました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ