債務者が債務不履行になった場合の連帯保証人に対する代位弁済

代位弁済とは、債務者本人が債務の支払いを行えない場合に、第三者が債務者の代わりに債権者に対して弁済を行うことです。主に人的担保における連帯保証人などが該当し、債権者の許可を得ることで、弁済を行う人物の対象を変更することができます。

そのため、住宅ローンや消費者金融などの人的担保を設定する場合には事前に、支払不能に陥った際には指定の第三者が代わりに弁済を行うことを契約させるために連帯保証人を設定します。

これにより、債権者は求償権を第三者に移転させることができるので、債務者が支払いを行えない状態に陥った場合や逃亡など姿が見当たらない場合には、連帯保証人に弁済を請求することができます。

人的担保が必要な現金の融資としては、個人の範囲では住宅ローンなどの多額の金額が必要なケースであり、少額の範囲で利用するクレジットカードや消費者金融のキャッシングサービスを利用する場合には無担保での融資となるので、連帯保証人の設定を行いません。

しかし、債務不履行になった場合には、代物弁済と呼ばれる債務者が所有する財産から弁済を行ったり、債権回収業者によって債権が売られることで、新たなる債権者の元で返済を行う必要があります。

企業の場合には個人とは異なり、多額の資金を必要としているので、ローンサービスなどでも企業向けには法人として契約されるので、連帯保証人として会社の社長や役員などが設定されます。これにより、会社が倒産した際には社長などに債務の請求が行われるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ