仕入れた商品が売れない場合に弁済する為の滞貨資金

企業が仕入れた取り扱い商品の売上が減ってしまったことにより、仕入れた商品の債務を決済することができなくなってしまいます。この仕入れた商品の決済の為に必要な資金の事を滞貨資金といいます。

企業が商売の為に商品を仕入れる際には、銀行や信用金庫から借り入れた運転資金や取引先相手から売掛金や約束手形などを発行し、後日、売上金から仕入れ値を返済を行うことを条件に商品を仕入れていますが、その商品が売れなくなってしまった場合には、当然ながら商品を仕入れた企業に対して、仕入れ値を支払うことができなくなってしまいます。

また、返品なども行えないので、企業はどうにかして資金を集めて仕入れ値を弁済しなければいけません。
このような事態に陥る企業の特徴としては、市場の動きを予測できなかった会社が多いと言えます。

売れるだろうと確信を持っていた品物が、いざ市場に投入してみれば売れなくなってしまったので、在庫を抱えることになるケースがほとんどです。企業は仕入先に品物代金を弁済しなければいけないので、在庫の品物をどこかに売ったり、銀行から増加運転資金として運転資金を調達することで弁済を行います。

この弁済を行わなければ企業の信用を落とすものであり、取引先相手もどうにかして債権の回収を行うので、サービサーなどの債権回収会社に債権が売られたり、裁判所にて強制差し押さえなどにより、弁済のあてになる財産の所有権が移動したりします。この事態を避けるためにも、弁済の見込みがある運転資金の確保が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ