退職金を計算する退職給付債務と会社の規模による違い

退職給付債務とは、一定期間企業に務めた場合に従業員に対して退職金が発生します。

退職金、退職年金のうち、既に発生しているものが退職給付債務となっており、企業に一定期間務めることで、退職金の計算が開始され、これにより、計算が開始された直後に退職を行っても退職金を貰えることになりますが、計算された期間が短いため、少額しか渡されることがありません。

そのため、多額の退職金を望む場合には継続期間を伸ばす必要があるわけです。
退職給付債務の計算は基礎率の4つがあり、割引率、退職率、死亡率、予定昇給率によって金額の計算が行われ、実際の計算を行うと非常に困難となるので、年金数理人や専用のコンピューターソフトウェアによって金額が出されることになります。

小規模会社の場合にはあまり採用されていない方式になりますが、原則としては社員が300人を超える中小企業や大企業が採用しており、社内制度として認められているので、一定期間会社に属している場合には退職時に貰えることになります。

小規模会社や社員が300人以下の中小企業の場合には対応が異なっており、退職金が出る企業であれば、年金数理人や専用のソフトウェアなど事務負担が大きい算出が行われないものであり、簡単に計算を行った数値で決められることになります。

これは法律上でも認められており、同じ仕事をしていたとしても小規模会社や社員300人以下の企業よりも社員300人以上の企業の方が貰える金額が多いことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ