現金がない場合に代物弁済を使って弁済すること

代物弁済とは、債務者が債権者に対して債務の支払いを行う際に、現金を用いるのが不可能な場合に、現金の代わりに価値のある財産で支払いを行うことです。

主に価値のある金属類や宝石類などの動産物から、土地や建物などの不動産物などが該当し、もし、債務よりも弁済に使われる財産の価値の方が上になる場合には、債権者が過剰な利益を得ることになるので、差額分の金額を債務者に引き渡す必要があります。

担保の場合には、現金を融資する際に予め債権者が債務者に対して支払いが行えなかった場合に備えて、担保物件の設定を行うことを求めますが、代物弁済の場合には逆になり、債務者が債権者に対して現金による支払いが行えないために価値のある財産で支払うことを申し出るのです。

そのため、クレジットカードや消費者金融などの無担保で現金を融資するローンサービスが該当しており、これらのローンサービスでもし、支払いを行えない状態になれば、財産を弁済の物件として債権者に渡すことで、弁済を行うことができます。

また、代物弁済の予約というものもあり、これは債務者が債権者に対して予め債務の支払いが行えなかった場合に、対象となる財産を引き渡すことを前提に現金を融資してもらう方法です。

担保に似た性質がありますが、これも債務者が自ら債権者に申し出る必要があり、債務者が支払いが行えなかった際には、指定の財産で弁済してもらえる安心感から融資しやすくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ