代理貸付を行う委任金融機関の役割と金融機関との関係

代理貸付とは、銀行や信用金庫、信用組合、労働金庫等の金融機関が通常の営業では接することが出来ない顧客を獲得するために、日本政策金融金庫や独立行政法人、地方公共団体などを委任金融機関として業務委託を結ぶことで、融資の申し込みを行うことです。

これにより、委任金融機関には窓口となる手数料収入を受けるメリットがあり、資金の貸付、管理、回収等の業務は銀行や信用金庫などが行うので、融資リスクを負うデメリットも解消されており、金融機関としても受付窓口を拡大することが可能なので、お互いにメリットがある業務委託になるわけです。

法律上では貸付事務の委任とされており、委任金融機関に対しては融資に対する法律が貸付事務にのみ適応されます。顧客からしてみれば、受付窓口が広がったことで申し込みが行いやすい環境になりますが、逆を言えば、申し込むまでどこから融資を受けるのかが把握しづらい一面があります。

また、手数料に関しても委任金融機関が仲介を行って銀行等の融資が実行されるので、直接融資を行ってもらうよりも手数料が多めに発生する可能性もあり、これらは仲介業者によって対応が異なっています。

代理貸付を行う業者は融資に関するトラブルなどに遭遇する可能性もあるので、貸付金や管理、回収などの状況を把握する注意義務や責任があります。加えて、顧客の窓口として相談やトラブルの連絡などを負うことにもなるので、業務を行うにあたって注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ