銀行が企業と他の銀行と取引を行う他行主力取引

企業は複数の銀行や信用金庫から融資を受けており、メインとなる金融機関、サブとなる金融機関と使い分けています。

他行主力取引はサブの銀行から見てメインとなる銀行と企業との取引の事であり、企業としてもメインを中心に運転資金の調達を行っているので、サブの銀行はメインの取引先として指定してもらいたい一面があります。

逆にメインとなる銀行からみた企業との取引については当行主力取引と呼ばれており、企業側も人間が経営者なので、いつ、どのような変化をもたらして融資先をチェンジするのかがわかりません。

そのため、サブの銀行はメインの銀行に指定してもらえるように営業などを行い、長期間付き合っていくことで企業からの信用を得なければいけません。これを行うために訪問などを行い、企業に対して有力な情報の公開や為替リスクの管理手法などの相談を受けることで信用を勝ち取ることで、経営者から融資をお願いしたいと申し出ることになります。

これにより、優良な関係を築くことが望ましいスタイルであり、取引先のメインバンクにもなれば融資以外にも会社の貯蓄を預ける先として指定してもらえたりなど、サブバンクとは異なるビジネス展開を行うことが可能です。

特に金融機関の営業の努力や会社からしてみてお得だと感じるサービスの充実、主力商品の種類などが判断基準となっており、経営者が利用したいと考えさせる内容を充実させて、長期的に優良な関係を築く必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ