他店から他店へと手形が流れる他店券過振りの危険性

企業同士での取引の際に、手形を発行することがあります。これは商品を受け取る企業が後日に設定されている支払日に現金を引き渡すことを約束した書類であり、商品を販売した企業はこの書類を受取、支払日に銀行で現金化して弁済を行うことができます。

つまり、手形とは、現金化を行うまで現金同様に価値のある有価証券となり、書類を受け取った企業が、また別の企業と取引を行う際には、現金の代わりに書類で支払いを行えます。この場合には発行者が知らない企業に渡しているので、手形の裏に誰が渡したのかを示す記入する、通称・裏書が必要です。

このようにして、他店から他店へと手形が流れていく仕組みになりますが、もし、発行者が支払日になっても現金を銀行に入れなかった場合には、手形を現金化することが困難になるので、銀行側が発行者の預金口座から、取り立てが見込まれる金額までが払い出されることを他店券過振りと言います。

手形は通常の場合には、支払日までに入金を行うことを前提とした取引であり、もし、入金が遅れてしまった場合には、銀行からの信用が落ちてしまうので、最悪な場合では手形口座の閉鎖処置が行われたり、取引先からの信用も失ってしまうことになってしまいます。

そのため、入金などはきちんと行い、信用を得る行為が必要不可欠であると言えます。他店券過振り状態になれば信用を失ってしまうという大きなペナルティの存在を、意識しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ