短期運転資金が与える企業への融資と金利の変動が及ぼす影響

短期運転資金とは、企業が信用金庫や銀行などの金融機関から運転資金を借り入れる場合に、1年以内に完済を行うことを条件に融資をしてもらうことを言います。

また、完済が1年以上かかってしまう場合には長期運転資金となり、大きな違いとしては短期の方が金融機関からしてみれば、早期に元金を回収することが可能なので、長期と比較しても利息の割合が低い一面があります。

特に優良企業の場合には、短期運転資金を受ける際に最優遇貸出金利と呼ばれる、通称短期プライムレートにて、金利の計算が行われます。優良企業に該当する条件としては業績が良い、財務状況が良いなどが該当し、銀行が融資を行う上で問題がない企業には短期プライムレートにて算出された、優遇された金利で融資を受けることが可能です。

同様に完済に1年以上かかってしまう場合にも長期プライムレートがありますが、経済状況に大きな影響を与えるのは短期プライムレートになるわけです。

短期プライムレートの動きは、メガバンクが優良企業に対して融資を行った際の金利が基準となっており、この金利のレートを基準として、メガバンクが長期運転資金の提供を行う際や、地方銀行が地元企業に融資を行う際の金利の価格を決めています。

これにより、住宅ローンの金利にも影響を与えており、銀行から住宅ローンを受けている場合に、利息が毎月変動をしてしまうのはこの影響によるものです。支払いの安定性などの問題から住宅ローンには固定型や変動型など利息に関するプランが登場しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ