短期間キャッシングを使って利息を低く抑える方法について

短期間キャッシングとは、数日後に返済の目処があるのを前提に、クレジットカードのキャッシング機能を使ったり、消費者金融から現金の融資を行ってもらうことを指します。

通常の現金融資の場合には、返済期間によって融資してもらった元金に対して利息が発生し、完済までの期間が長ければ長いほどその割合が大きくなる計算を行っています。しかし、短期間キャッシングでは数日後に返済を行ってもらうのを前提に、利息の割合を少なく抑えることが可能です。

ノーローンと呼ばれる消費者金融の場合には、1カ月に1度だけ1週間無利息期間を設けているキャッシングサービスを利用できます。

これは、現金を融資してもらって1週間以内に完済を行うことで、利息が発生しないというものであり、例えば、給料日1週間前に急な出費などがある場合には、1週間後の給料日に完済を行う金額を手に入れられるので、指定期間内で完済を行うことを前提に、現金の融資をうけることが可能です。

しかも、何回でも利用が可能な為、長期間で高い利息を払うのでは無く、短期で借り入れを行う個人も増えています。
クレジットカードでも同様に、短期完済によって利息を抑えることが賢い借り方といえるでしょう。

勿論、キャッシング機能を使って現金を借りた場合にも、返済方法としては一括払い、もしくは12回分割払いなどによる支払い方法を選ぶ事が可能でが、支払い回数が多ければ多いほど利息の割合が増えていくので、できるだけ回数を減らす返済方法を行うと、余計な出費を抑えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ