新興企業が資金調達方法として利用する短期繰り回し

短期繰り回しとは、信用金庫や銀行等の金融機関が企業に対して現金の融資を行う際に、用途によって長期融資として借り入れるべきと判断した場合であっても、短期融資を繰り返して長期的に企業と付き合っていく方法です。

そのため、企業側は融資してもらった現金を一度、完済を行ってから再度融資を受ける事になります。主に新興企業など現金の融資を行う金融機関が長期融資を行うにはリスクを伴うと判断された場合に利用されます。

例えば、長期的な資金提供を行っている際に対象となる企業が債務不履行や倒産などしてしまった場合に、債権回収自体が困難となる予測があったり、担保ローンで資金提供を行っていて、多額の現金を引き出せる担保物件を所有している可能性としても低い場合、回収リスクを事前に回避しておきたい狙いがあります。

これにより、短期繰り回しという方法で資金提供が行われております。これを使えば、信用度が低い企業が完済を行って、再度、資金提供を行うことで、債務不履行や倒産などのトラブルが発生したとしても多額の投資によるリスクを避ける事が可能になります。

また、担保ローンの対象物件としても短期間で一定の金額に見合う担保物件さえあれば、現金を引っ張ることが出来るので、借りる側としても新興企業であれば、私財など高額担保物件を所有していない場合が多いので、現金を提供してもらいやすい状態になります。

この後、会社の利益率や規模などが大きくなることで信用も出来き、長期的な資金提供を受けることが可能になっていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ