団地金融から始まった消費者金融の歴史とは

団地金融とは、1960年代における消費者金融の名称になります。当時は高度経済成長期であり、団地に暮らす人々は高い収入を得ていた優雅に暮らす人々だったので、団地に住む主婦を中心に貸金業を行っていたことからこのような名称が使われることになりました。

高度経済成長期では大量生産、大量消費と国民の多くが商品などを購入する機会が増えていたので、商品を購入する資金、旅行やレジャーなどの資金の補充のために使われていました。

当時としては質屋に担保物件を預けることで現金を借りていましたが、高収入な人々をターゲットにしていたので無担保無保証で確実に返済が見込め、現在の消費者金融のスタイルを確立することになります。

その後、1970年代に入ると、収入のあるサラリーマンをターゲットとしたサラリーマン金融と名を変えて団地からビジネス街へとビジネスの場を移しますが、過剰な融資や取り立てなどが社会問題化してしまったので、悪いイメージを与えてしまう名称になってしまいました。

1990年代からは消費者金融として名称を変えて、従来は個人の顧客に対してサービスを行っていましたが、事業者などの法人にも現金の融資を行うようになり、現在のスタイルへと変貌します。

特に2000年代に入ると金融機関の大きな動きにより金融機関の多くは銀行系グループに属するようになりました。これによって、顧客から信用を得やすくなった事と、銀行のATMを利用してキャッシングの利用が行えるなどサービスの充実が行われました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ