担保を使った場合のローンサービスとクレジットカードの利息の違い

担保とは、金融機関などに現金を融資してもらう際に、もし、債務不履行になった場合に返済元として事前に価値のある財産を差し出すことを条件に現金を借り入れる方法になります。主に企業などの資金調達に使われていますが、個人では住宅ローンなど多額の金額を融資してもらう場合に利用します。

金融機関側のメリットとしては、債務者が債務不履行に陥った場合でも融資した金銭を回収する目処があることであり、債務者が所有している株券や手形などの有価証券から、価値のある金属や宝石、不動産であれば土地や建物などが該当し、金融機関はこれらの債務者の財産の価値に見合う金額を融資することになります。

そのため、借り入れる金額が大きければ大きいほど、それに見合う財産を担保に設定する必要があり、多くのローンサービスでは住宅を設定することがほとんどです。

クレジットカードや消費者金融の場合には財産を設定することはなく、債務者の信用によって現金を融資してもらうサービスになりますが、もし、債務不履行になった場合には、差し押さえとして価値のある財産が没収されることになり、信用問題もガタ落ちしてしまいます。

担保ローンと大きな違いとしては利息の設定であり、クレジットカードや消費者金融では金融機関が債務者の信用を元に現金の融資を行っているので、債務者が債務不履行に陥った場合には金融機関共々貸し倒れしてしまうリスクがあります。これを回避するために利息の割合を上げて、早期に元金を回収するシステムなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ