担保を得ることが出来る債権者が持つ担保権とは

債務者が担保を使って現金の調達を行った際に、債権者には担保権と呼ばれる権利が与えられます。これは、債務者がもし債務不履行になった場合に、事前に設定した物件を得る事が出来る権利になります。

多くの担保型ローンサービスでは物的担保による現金の融資が行われており、価値のある宝石や金属類等の動産物から土地や建物等の不動産物まで価値のある財産であれば、それを設定に行います。

債務不履行の際にはこれらの財産の所有権が債権者に移動するので、これを売買した金額を返済額に充てることになります。そのため、担保価値と呼ばれる財産の価値を事前に調査を行い、該当する財産に見合う現金の融資が行われるわけです。

これにより、より多額の融資を望む場合には相当の財産を設定しなければいけません。また、人的担保と呼ばれる連帯保証人の設定もあり、債務者が債務不履行になった場合には債務の責任が設定された第三者の連帯保証人に向けられることになります。

この権利も債権者が所有しており、連帯保証人から支払われる現金を受け取ることが可能です。
これらの債権回収方法は担保の仕組みであり、返済不能な債務不履行状態の際に施行されるので、きちんと返済を行っていれば発生することがありません。

もし、返済不能な状態になれば、自分の財産はおろか、他人への迷惑なども行われることになるので、融資してもらった現金を計画的に利用を行い、返済計画などもきちんと立てて行う必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ