現金融資方法である担保付貸付の利息の違い

担保付貸付とは、担保の提供を条件に行う融資方法であり、主に銀行が企業や個人に対して多額の現金を融資する際に利用しているローン方法になります。もし、債務者が返済不能な状態になった場合には、予め設定していた物件の所有権が債権者に移動するので、その担保を使って融資した元金の回収を行います。

種類としては物的担保と人的担保の2つに部類され、多くのローンサービスでは物的担保が使われており、価値のある金属や宝石、建物や土地などを担保にして現金の融資を行ってもらいます。

人的担保の場合には第三者である連帯保証人の事であり、債務者が返済不能になった際には、債務は事前に設定した連帯保証人に移行するので、支払いの請求などは連帯保証人に同意を行った第三者に行われることになるわけです。

クレジットカードや消費者金融などのキャッシングサービスと大きく異なる部分としては利息であり、これらのローンサービスには返済不能になった場合の元金の回収の目処があるので、利息は低く設定されていますが、クレジットカードや消費者金融の場合には、返済不能になった場合の元金回収する方法が決められていません。

そのため、金融機関は返済不能になった際に共倒れの可能性があることから、早期に元金の回収を行う目的で利息の割合を上げることで、共倒れを防いでいます。また、返済ができなくなった場合には裁判所を通して財産の差し押さえなどを行うので、信用問題を重視しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ