手形で現金を融資をしてもらう担保手形と利用する理由

担保手形とは、手形と呼ばれる有価証券を担保に金融機関から金銭を融資してもらう方法です。手形は企業間での取引の際に、現時点で金額を用意することができない場合に、後日金額を引き渡す約束を行った書類の事になります。

書類を発行する企業は銀行にて専用の口座を開設しており、支払期日までに支払う金額を入金しておくことで、また、金銭を受け取る側は支払期日に手形を持って行くことで、金銭に交換を行うことができます。

そのため、手形は現金化を行うまでは価値のある証券として認められており、別の企業との取引の際の決済手段としても利用されています。
手形にはデメリット面も存在しており、即現金化を気軽に行えない一面があります。

銀行によっては相手企業が入金を行っていない状態でも即現金化を行ってくれる事もありますが、その場合には現金にした日から実際に入金が行われる期間に対して利息を支払うことになり、全額を即現金化を行うことができません。

これによって担保にして全額に近い金額を融資してもらうのが、担保手形になります。当然ながら融資してもらった金額を返済すれば、担保の所有権は戻ってくるので、企業がすぐに現金を必要としている場合などに使われています。

融資を受けるためには審査を受ける必要があり、審査をクリアできない場合には利息を払ってでも銀行から即現金化を行って貰う必要があるので、信用問題など審査をクリアしやすい状況であることが理想的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ