担保評価で定められる融資する現金の決定方法とは

担保評価とは、現金を融資する対象となる担保の価格を設定することになります。例えば、住宅を担保に現金を融資して貰う場合には担保となる住宅の価値相当の融資しかしてもらえません。

これは、もし債務者が返済不能状態である債務不履行に陥った場合に、担保として指定した住宅の所有権を金融機関に渡して、担保物件を売買することで、融資に使った元金を回収するためです。

この仕組みによって担保評価で決められた金額以上の融資を受けることは難しいものであり、より大金を融資して貰う場合には、それなりの物件を用意する必要があります。

このような現金の調達方法としては、企業の資金融資や個人では住宅ローンなどの大金が必要な場合に利用されており、身近なクレジットカードや消費者金融の利用を行う際にはあまり使われることがありません。

顧客の信用で現金を貸しているので、価値のある物件を用意する必要はありませんが、その代わりに利息が高く設定されているので、クレジットカード会社や消費者金融側からしてみれば、利息を多く取ることができるので、こちらのやり方のほうが利益を出しやすい一面があります。

もし、クレジットカードや消費者金融などで債務不履行になった場合には、各金融機関が裁判所を通して返済プランを組み立てるので、新たに現金を借りることはできずに決められた返済を行うと同時に、所有している財産などは差し押さえ物件になるので、財産を失うことにもなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ