多額の現金を融資してもらう担保ローンの仕組み

担保ローンとは、現金を融資する際にもしも債務不履行に陥った場合、どこから債権を回収するのかを設定するローン方法です。主に企業への資金融資に利用されている手段になりますが、個人向けには住宅ローンなど大金を融資するローンサービスで利用されています。

担保には2種類があり、人的担保では連帯保証人、物的担保の場合には価値のある金属や宝石などの動産から建物や土地などの不動産を設定することになります。もし債務者が債務不履行に陥った際には、人的担保の場合には連帯保証人が債務を追う責任が発生し、物的担保の場合には価値のある財産を差し押さえを行うので、所有権が債権者へと移動します。

これを売買することで、売った金額を債務へと充てられることになるのです。
融資金額なども物件によって変わるものであり、例えば、家を設定して融資を受けた場合には、家の価値から融資金額が設定されます。

これにより、債権者側は債務者が債務不履行に陥った場合でも元金をきちんと回収できるようにしているので、担保価格以上の融資を行うことがありません。連帯保証人も同様に収入状況や所有財産などを判断材料に設定を行います。

クレジットカードは消費者金融の場合には、顧客の信用で現金の貸しているので、このような設定を行うことがありません。しかし、債務不履行に陥る事態になれば、債権者から返済のプランなどが提示され、所有している財産の差し押さえなどがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ