手形担保の融資割合を示す単名依存度とリスク

単名依存度とは、銀行や信用金庫が企業に対して融資を行いますが、企業側はより融資を受けるために所有している手形を担保にして手形貸付を行い、金融機関が企業に対して総貸出額に対して手形貸付額の割合のことを指します。また、企業に対して手形割引の割合でも使われることがあります。

手形とは、一般的に約束手形のことを指す有価証券です。企業同士の取引が行われる際、取引の段階で現金の用意が行えなかった場合に発行します。この書類は後日、現金で支払うことを約束した有価証券であり、商品を売却し手形を受け取った企業は、支払日に銀行に持って行くことで現金に換金することが可能です。

つまり、現金を受け取る直前までは現金を手に入れる権利のある証券となり、価値のあるものになります。しかし、支払いを行う企業が決めた支払日前に現金が必要になった場合は、手形をその場で換金することができないので、金融機関に手形を担保として融資を受けることが可能です。

ただし、本来受け取るべき元金を全部融資してもらえるわけではなく手数料が発生するので、即現金化を行えるメリットと、手数料が発生することで受け取る金額が減少してしまうというデメリットが発生します。

この手数料のことを手形割引と呼ばれており、金融機関も担保となる証券は支払いを行う会社が支払いを行わずに逃げてしまう可能性があり、その場合には債務不履行で価値の無い有価証券になるので、リスクに応じて手数料の金額が設定されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ