単名貸付を使った手形を担保に企業の資金調達法

単名貸付とは手形貸付とも呼ばれており、企業が所有する手形を担保に金融機関から融資を受けることができることです。
手形は企業同士の取引で発生するもので、一般的には約束手形のことを指します。

意味としては、企業間での取引の際に支払いが発生した企業が現時点で現金を支払うことが困難なことから、後日に設定した支払日に現金を引き渡す事を約束した書類になります。

受取人から支払いの金額、発行人が記載されており、受取人が支払日に銀行に持って行くことで現金に換金することができるので、有価証券としての価値が認められています。受取人が支払日前に現金が必要な場合には、金融機関に所有する手形を担保として資金を融資することが可能であり、即現金化が行えるメリットがあります。

しかし、デメリット面としては手数料の存在であり、受取人は手形に記載されている金額を受け取る権利を持っていますが、金融機関に担保として資金を融資してもらう際には、手形が持つ価値よりも低い金額が融資され、差額分は手数料として金融機関の利益になります。

この手数料は、担保として預けた日から支払日が近ければ近いほど低くなるもので、金融機関側が手形が不渡り状態で価値を失うリスクが少なくなることが影響しています。

また、受取人が即現金化を行う以外のメリットとしては、銀行で換金を行った場合には保証人の署名捺印や印紙税を支払うことがありますが、これらを省いて現金を手にすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ