遅延損害金が発生する場合のリスクと信用問題

クレジットカードや消費者金融を利用している場合に、必ず返済日が設定されており、利用した金額の支払うことを前提にサービスが行われていますが、もし、返済日に支払いを行わなかった場合には債務不履行となり、債権者に対して損害賠償を支払うことになり、実際に支払う金額に加えて罰則金が加わるので、支払いリスクを負うことになります。これを遅延損害金と言います。

遅延損害金は、クレジットカード会社や消費者金融によって発生しない場合があり、猶予期間が設定されています。これは利用者が単に支払日をうっかり忘れているのだろう、指定の銀行口座に振り込み忘れているのだろうと想定されているもので、グレースピリオドと言います。

この場合には、金融機関から利用者に対して銀行口座の残金が足りなかったから引き落とせない事を告げて、後日に支払日を設定することで催促を促すものになります。

それと同時に、信用情報問題も同様に各金融機関によって対応が異なり、何度も滞納を繰り返してブラックリストにも載るような利用方法であれば、個人信用情報機関への登録が行われることがあります。

個人信用情報機関に登録が行われれば、他のクレジットカード会社や消費者金融なども閲覧することができるので、新たにサービスを申し込む場合には、過去の取引情報が審査の対象となるので、滞納などの金融事故を引き起こしてしまえば信用ができない利用者だと判断され、審査をクリアすることができなくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ