金融機関の情報防壁チャイニーズ・ウォールの必要性

チャイニーズ・ウォールとは、銀行や証券会社における情報の壁のことです。

銀行や証券会社は、投資を行っている企業が株価を変動させる動きを知ることができますが、その情報が担当外の社員などに伝わってしまうと、インサイダー取引により不正な株の売買を行ったり、データを他の投資家などに伝えてしまうなどの危惧があります。

このような取引における利害や平等な取引を行うために、法人担当部や営業担当部には守秘義務が課せられ、情報の壁が必要になります。
インサイダー取引とは、事前に企業の動向を知った上で株の取引を行うことです。

例えば、合併や新製品の発表、事業拡大などを企業が発表した場合には、株主からの期待や注目を浴びるので株価は上昇します。

この情報を事前に知り、株価が上昇する前に購入を行い、上昇した時に売却を行えば利益を出すことができますが、他の株主や投資家が知り得ない情報で職務や地位を利用して未公開のデータを入手して取引を行うので、金融商品取引法により禁止されている行為になります。

担当社員が、自分の職役を利用して情報を手に入れた場合などにも金融商品取引法により禁止されているので、担当社員が株の売買を行うことは金融機関で禁止されている行為になります。

また、他の部署の社員なども情報をシャットダウンする必要があるので、チャイニーズ・ウォールが利用されているわけです。その言葉の意味としては中国の万里の長城であり、頑丈な防壁を連想することから、この名称が使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ