金利の過払金を取り戻す法律である超過利息返還請求

超過利息返還請求とは、2010年に施行された貸金業法改正に伴い、グレーゾーン金利にて融資を行っていた貸金業者から過払金の金利を返還することができる法律になります。

グレーゾーン金利とは、金銭消費者賃借の金利は10万円以下の融資の場合に年利20%までだと法律で認められており、刑事罰が発生するのは出資法で定められている年利29.1%を超えた場合だけでした。

つまり、20%以上29.1%以下の年利設定を行った場合には利息制限法には違反していますが、刑事罰が存在せず、出資法の29.1%を超えない限りは貸金業者が刑事罰を受けることがありませんでした。これにより、白にも黒にもならないことからグレーゾーン金利と呼ばれており、2010年以前ではこの年利の設定が行われていました。

貸金業法改正により、グレーゾーンで融資を行った場合に、利息制限法の20%を超える年利設定であった場合には過払金として認められるので、超える部分は無効となります。これによって、過払金を支払ってきた債務者は取り戻すことが可能であり、超過利息返還請求を使って支払い過ぎた金利を貸金業者から請求することができます。

しかし、問題点としては貸金業者を有利にするみなし弁済の存在があり、債務者が金利を利息制限法を超える事を任意の上で支払った場合や、貸金業者が契約内容を明らかにして交付した場合など、お互いの同意の上で利息を設定した際には裁判所にて認められるので、過払金を取り戻すことができないケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ