長期間に渡り企業に融資を行う長期運転資金の金利

長期運転資金とは、銀行や信用金庫が企業に対して融資を行う際に、完済に1年以上かかってしまう現金調達のことです。

逆に1年以内に完済の見込みがある場合には短期運転資金と呼ばれており、信用が最も高い企業に対して短期運転資金を提供する場合には、最優遇貸出金利で投資を行うので、短期プライムレートと呼ばれる金利の設定が行われます。

短期融資の金利は長期融資の金利よりも融資リスクが低いので、当然ながら下回る金利の設定が行われていることから、企業に融資を行う場合の一つの基準となります。

短期プライムレートは都市銀行が信用ができる大企業に対して設定を行うので、これよりも下回る設定を行うことができません。これを基準に信用度や返済期間などを算出して企業への融資を行うので、地方銀行や地方の中小企業、長期融資などは短期プライムレートの変動を受けやすいものになります。

これにより、長期運転資金を調達する場合には金利の設定が行われます。短期運転資金よりも長期的に資金提供をするので、金融機関側としては長期に渡り資金の貸し出しを行えば、倒産などのリスクに遭遇する割合が高くなり、貸し倒れなどの危険性も発生します。

そのため、金利の設定を高めに設定することで、もし対象の企業が倒産してしまったとしても、元金を早い段階で回収することが可能なので、共倒れをする危険性を回避することが可能です。また、金融機関からの信用を得なければ長期に渡る投資を行うことができません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ