長期貸付金の金利を決定する短期プライムレート

長期貸付金とは、銀行や信用金庫など企業に融資を行う金融機関が、企業に対して1年以上の返済を前提に運転資金を貸し付けるものです。1年以下の返済を前提にする場合には短期貸付金となり、金融機関からしてみれば短期貸付金の方が早期に元金の回収を行うことが可能になるので、融資に対する金利が低く設定されています。

長期貸付金の金利は短期プライムレートによって定められるもので、これは最優良企業が短期貸付金を受けた場合に設定される金利の事であり、最優良企業となるので、信用の度合いなども最高の状態での設定となります。

この信用度はみずほ銀行や東京三菱UFJ銀行、三井住友銀行の都市銀行によって決められており、この短期プライムレートをベースに地方銀行や信用度が下がる大企業や中小企業に対して金利の設定を行うので、短期プライムレートが地方の中小企業よりも高くなることは決してありません。

短期プライムレートをベースに融資期間の長さで金利を決定するので、長期貸付金による融資を受ける場合には短期プライムレートの変動を受けやすいものになります。また、都市銀行によっても金利の算出方法が異なっているので、同じ企業が別々の金融機関から融資を受けていたとしても、金利に差が生まれます。

また、長期的に融資を行うので、当然ながら金融機関側には融資リスクが発生し、企業が債務不履行に陥る可能性もあるので、利息を高めに設定することで、リスク回避を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ