メインバンクが企業への融資のカバーを行なう追従融資

追従融資とは、複数の信用金庫や銀行が1つの企業に対して融資を行う場合に、どうしても企業側はメインバンクとなる金融機関を選択し、メインバンクの融資がカバーしきれないことが発生した場合に、サブとなる金融機関がサポートの融資を行うことです。

メインバンクの金融機関の下で融資を行うことから、ぶら下がり融資とも呼ばれています。企業は、基本的にメインバンクの金融機関からの融資で会社運営を行っており、事業拡大や人員増大、設備投資を新しく入れる場合にはメインバンクからの資金だけじゃ足りなくなるので、それをカバーするのがサブの役割となります。

そのため、頻繁に取引などが行われることがないため、金融機関としても利益を生むことが難しくなるので、営業などを行い、メインバンクの取引先相手として切り替えてもらう努力などが行われています。

営業では直接、企業に赴いて現在メインバンクとなっている取引先相手よりも好条件を出したり、企業が抱える金融に関するトラブルの相談やアドバイスを行うことで良好な関係を築きます。

企業の経営陣も人間なので、信用が出来ると考えれば主力の取引先相手として切り替えてくれる場合などもあり、サブからの脱退を行うことが可能になります。

企業が倒産しない限りは長期的に付き合っていく関係になるので、営業などをしっかりと行うことで友好な関係で会社と金融機関に求められ、経営者が利用したいと思える関係が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ