店舗側が用意している提携ローンの利便性の良さ

提携ローンとは、商品を売買する店舗と金融機関が提携を結ぶことで、顧客に対して融資サービスを行うことを言います。主に自動車を販売するカーディーラーなどが該当し、自動車を購入する場合には一括で支払う顧客が少ないことから、月々の支払が発生するローンで購入する機会が多いです。

顧客側からしてみれば、自動車を購入した際にどこからローンを受ければいいのかと手間がかかるので、カーディーラーがローンの窓口となって提携している金融機関との仲介役を行っています。

これによって、カーディーラーとしては自動車を販売しやすくなり、金融機関としても販売店と提携を結ぶことで、販売店で売れた商品のローンを自動で顧客と契約を結ぶことが可能です。これを3者間契約と呼ばれており、高額商品を取り扱う店舗ほど、金融機関との提携が結ばれています。

取り扱う商品が異なる店舗によっては2者間契約も存在しており、これは店舗側が債権者となって顧客に商品代金を肩代わりを行うものです。3者間契約とは異なり、顧客が支払いの滞納などを行えば店舗側にリスクが発生するものとなります。

主に携帯電話の割賦販売などがこの手法が使われており、メリットとしては、金融機関と繋がりがないことから手数料の調節などを行うことが可能です。これにより、携帯電話を分割購入を行った場合には利息を発生させることなく、元金だけを支払うことになります。これが提携ローンとの大きな違いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ