手形を担保に資金調達を行う手形貸付のリスク

手形は企業間で使われる弁済方法の一つで、取引時に支払う現金を持っていない場合に、債務者となる発行者が債権者になる取引相手に、後日に現金の支払うことを約束した書類になります。

紙面には、発行者名の他に受取人と受取金額が記載されており、債権者は予め決められた支払日に手形を銀行に持って行くことで、現金化を行うことが可能になります。

そのため、手形は有価証券として現金と交換するまでは価値のある書類として認められており、債権者が支払日前に現金が必要になった場合に、銀行などの金融機関に価値のある物件として担保にして現金を融資してもらう事が可能です。これを手形貸付と言います。

債権者となる企業側からしてみれば、即現金化を行える反面、金融機関から担保価格に見合う金額が融資されるので、手形の満額が支払われるわけではありません。

融資価格は、融資を行った日から手形の支払いが行われるまでの日数によって決められるものであり、日にちが近ければ近いほど金融機関のリスクが軽減されるので、利息が小さくなります。これを手形割引と呼ばれており、金融機関側の手数料になります。

金融のリスクとしては、発行者が支払日に入金を行うのかであり、手形不渡りと呼ばれる支払日に入金を行わなかった場合には有価証券としての価値を失ってしまうリスクがあります。この状態になれば担保として元金回収できるアテがなくなるので、貸し倒れをしてしまうリスクが発生するわけです。このリスクを軽減させるために手数料が発生しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ