手形債権で権利者と取引で債権者が移動すること

手形債権とは、手形に記載されている金額を給付する目的の権利であり、手形には誰から誰に金銭を支払うのかが記載されています。つまり、手形に記載されている受取人が債権者となるわけです。

手形とは約束手形とも呼ばれており、企業間での取引においてその場で現金を支払えない企業が後日、現金で支払うことを約束した書類の事です。

紙面には債権者となる受け取る企業と支払う金額が明記されており、支払日にて銀行に持って行くことで記載されている金額を受け取ることが可能です。これにより、債務者であり手形を発行した企業は支払日までに現金を銀行口座に振り込んでおく必要があります。

このような性質から、現金を受け取るまでは価値のある有価証券として認められており、債権者がすぐに現金が必要な場合には担保にしたり、金融機関に売却を行うことが可能です。

金融機関に売却を行う際には、手形割引と呼ばれる手数料が発生することから、本来受け取るべき金額から手数料が引かれた状態で売却を行うことになり、早期に現金を手にすることが出来る反面、受け取る金額が少なくなるデメリットがあります。

満額を手にする場合には、別の企業との取引で利用することであり、有価証券として価値が認められるので、別の企業との取引での支払いに利用することが可能です。この場合には、裏書と呼ばれる誰から渡されたのかを記載しないといけないもので、手形債権者が移動するので、この取引における債務者の名を記入する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ