手形不渡りが発生した際の企業へのペナルティと信用

手形は企業間での取引において、その場に現金がない場合に手形を発行することで、支払日に銀行に持って行くことで現金に交換できる有価証券になります。これにより、現金に交換を行うまでは価値のある有価証券であり、受け取った企業が別の企業との取引を行う際にも手形を使って弁済を行うことが可能です。

しかし、手形を発行した企業が支払日になっても銀行に入金を行わなかった場合には手形不渡りとなり、現金化を行うことができません。そのため、銀行からの信用を失うことになります。

手形を利用する場合には企業に限定されており、銀行からの審査を受ける必要があります。これは、過去に不渡りなどを引き起こしてトラブルになっていないのかをチェックするものであり、審査をクリアすることで専用口座が設けられ、この口座に決済代金を入金することで換金に利用されることになります。

企業が6ヶ月以内に2度も手形不渡りを引き起こしてしまった場合には信用を失うので、全ての銀行取引が中止されます。これは融資サービスなども含まれており、銀行から会社の運営資金を融資してもらっている場合には、これらもストップしてしまいます。

これにより、事実上の会社倒産となってしまい、会社として運営を行っていくことは不可能な状態になります。企業を健全に運営を行うためにも不渡りを引き起こさないことが重要であり、取引先相手からの信用を失う要因にもなるので、支払日にきちんと入金を行うことが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ