手形割引を使って手形の即現金化を行うこと

手形割引とは、銀行などの金融機関が手形を買い取ることで生じる金利相当額の割引のことです。手形は通常、企業間での取引の決済手段として利用されており、商品取引の際に商品を受け取った企業が、すぐに現金の用意を行うことができないので、後日支払うことを約束した書類のことを指します。

商品を売り、手形を受け取った企業は支払日に銀行に持って行くことで、記入されている金額を現金で受け取ることが可能であり、金銭を受け取るまでは現金化できる有価証券としての価値があります。

しかし、受け取った側の企業が支払日まで待てずに現金が必要な場合には、手形を金融機関に買い取ってもらうことで、即現金化を行うことが可能です。現金化を行った場合に当然満額を貰えるわけではなく、買い取り日から支払期日の期間の金利が引かれることになり、金利を引いた金額から手形割引の名称が発生しました。

これにより、即現金化が行える反面、本来受け取るはずの元金を全て入手することができないデメリットがあるので、必要に応じて買い取ってもらうことになります。
金融機関に買い取って貰う場合には裏書譲渡となり、これは手形の所有者を移動させる際に、書類の裏側に誰が所有していたものなのかを記入する必要があります。

これは企業間との取引にも利用されており、手形は有価証券となるので、紙幣同様に取引に利用されています。企業同士の取引に利用する場合には満額を手に入れることも可能ですが、取引相手がいない場合の手段となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ