商品を購入する約束を意味する支払いである手付金

手付金とは、その場で商品を引き渡すことが出来ない品物の購入の際に購入に関する契約が行われますが、商品代金の一部を先に支払う現金のことです。主に自動車や住宅の購入や家電製品であれば、発売日が訪れていない高額商品の予約などに利用されています。

目的としては、商品を準備中に顧客が簡単にキャンセルすることを阻止することであり、顧客側がキャンセルを行った場合には手付金の返金は行われません。

また、逆の場合には店舗側が品物の仕入が困難なことから、取引をキャンセルしてきた場合には手付金を2倍にして返金しなければいけないので、顧客側も安心して品物を受け取る事が可能になるわけです。

これにより、顧客、店舗双方が安全に目的物の売買を行うことが可能であり、手付金は商品代金の一部となるので、顧客は商品受け取り時に残りの残金を支払うことになります。ローンなどによる分割払いの際にも、商品を受け取ってからローンの取引が開始されるので、残りの残金を支払っていきます。

特に自動車や不動産などに多く見られており、不動産の場合には土地や権利の準備処理が行われることから、途中でキャンセルが行われた場合には、準備処理の手間が無駄になってしまいます。

そのため、手付金には保全処置の意味があり、住宅の場合には購入後に頭金の支払いが発生します。これは別物で、頭金はローンに対しての保全処置であり、住宅購入に対する契約で支払う金額ではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ