借入に関するアドバイスを行なうデットカウンセリング

デットカウンセリングとは、借入に関する家計相談やアドバイスを行うことで、消費者金融社会であるアメリカで行われています。

消費者ローンの申込者に対して、既に受けているローンの整理や統合などのアドバイスを行うことで、顧客の債務問題を始め、与信問題などにもじっくりと時間をかけて相談にのるので、幅広い専門知識が求められます。

日本でも同様のサービスは行われており、銀行などの金融機関に属している担当者や独立したファイナンシャルプランナーなどがローンや保険などの相談を受けるサービスであり、現在の収入状況から債務状況、財産、家族構成などの情報を元に適したローンや保険、債務問題であればどのような返済を行えばいいのか計画を組み立ててくれます。

借金問題に関しては弁護士に依頼するケースが多く、専門知識を使って返済計画を行ったり、クレジットカード会社や消費者金融、銀行などの債権者となる金融機関と協議を行うことで、利息を軽減させて返済しやすい状況を作ってくれたり、今までの返済で、過払い金と呼ばれる不必要に支払った利息分の返済などを行ってくれます。

また、どうしても返済できない状況に陥った場合には任意整理の手続きを行うことで、債務の減額から最悪の場合には自己破産の手続きまで行うので、借金問題を法的に解決させる手段も持っています。

借金が増えすぎた場合には弁護士に相談することで解決を行い、人生の再スタートを行うことが可能ですが、自己破産などは信用問題をマイナスの状況になるので、債務がゼロになったとしても新たに融資を受ける場合には審査をクリアすることが出来ません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ