契約に関するルールへの同意を意味する同意文言

同意文言とは、同意を得るための説明であり、契約に同意を求める場合には利用規約などで契約内容を説明し、契約者に対して同意を求めることになります。

クレジットカードや消費者金融などで申し込む場合にも、利用規約や契約内容などが説明された書類があり、個人信用情報機関への登録を行うことや、リボルビング払いを使った場合の計算方法、支払いの滞納などを行った場合の処置などが説明されており、利用者は申し込みを行うために捺印や署名を行うことで内容に同意をした事を示します。

これにより、契約時にトラブルが発生したとしても、契約内容に沿って問題解決の処理が行われるものであり、例えば、クレジットカードの利用で他社のクレジットカードの滞納を行ったことから、該当するクレジットカードが利用停止になった場合には文言内容に記載されているルールで利用停止になっていることから、利用者は認識の表明を行っているので、なぜクレジットカードが利用停止になったのかと文句を言うことも出来ずに、クレジットカード会社が行う問題解決の処理によって解決することになります。

同意を求める理由としては、契約に関するトラブルで利用者が納得しているのかであり、クレジットカードや消費者金融以外でも商品購入に関する場合や、サービスを受ける契約などでも同様に文言でサービスの説明を行い、トラブルに対しての処置なども記入されているので、これに同意を行うことでサービスを受けることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ