クレジットカードの利用状況を審査する途上審査

クレジットカードを利用している状況でも審査が行われており、これを途上審査と言います。

別名モニタリングとも呼ばれており、クレジットカードや消費者金融などの顧客の信用によって、現金を融資するサービスで行われており、申込時の初回与信とは別に、クレジットカードや消費者金融を利用している最中の返済状況や利用状況などのチェックを行うことで、真面目に返済を行っているのかを中心に審査が開始されます。

これにより、真面目に返済を行い、無理のない利用動向が見られれば信用を得ることが出来るので、融資出来る上限額の引き上げが開始されたり、ゴールドカードへの案内などが行われます。

逆に支払いの滞納が目立っており、融資できる与信枠ギリギリでの利用など、返済できない見込みのある無理な利用動向が見られれば、問題のある使い方として、更なる融資リスクを回避するためにサービスの利用停止が行われ、強制退会などの処置が行われます。

支払いの滞納などを行った場合には、個人信用情報機関を通して、滞納した情報が他のクレジットカード会社や消費者金融にも伝わるので、支払いの滞納を行ったことにより、別の会社のクレジットカードの停止処置が行われることもあります。

これは支払い能力が無いと判断されたことにより、事前にリスクを回避する為の処置であり、信用を失うような行動をとってしまった場合には、他の金融機関にも情報が伝わり、新たに申し込みを行う場合でも、信用を失った状態で審査が行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ