過剰な取り立てを防止する取り立て行為の規制

取り立て行為の規制とは、貸金業者が債務者に対して取り立てを行う際の過剰な取り立てが社会問題化したことを受けて、法律で取り立て方法の規制が行われました。

取り立てが必要な融資方法としては無担保型融資サービスがあり、1970年に団地金融として始まったので、取り立てに対するルール整備が行われていなかった歴史があります。それ以前は、質屋などが行っていた担保型融資サービスであり、担保物件を質に入れることで、物件に見合う金額の融資が行われていました。

これによって返済ができない場合には担保物件を売買することで、融資した元金に充てられていたわけです。

無担保型融資サービスの場合は、返済できなかった場合には取り立てを行うしかないので、なかなか返済に応じない債務者に対しては暴力的な態度を取る、大声を上げて乱暴な言葉を使う、大人数で債務者や保証人の家に押しかけるなどを行い、恐怖心で返済を煽っていました。これらの手段は1980年になると活発になり、いわゆるサラ金問題などが浮上し、ルール整備の必要性が求められてきました。

現在では、取り立て行為の規制により、これらの恐怖心を煽ることで返済を求める行為は法律で禁止されており、違反した場合には監督官庁の行政指導の対象となり、2年以下の懲役もしくは、300万円以下の罰金が命じられます。

大手消費者金融などが行った場合にはニュースなどで報じされるので、顧客の減少などにも繋がります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ