融資を受ける際の強制預金を行う見合預金とは

見合預金とは、銀行が顧客に対して融資を行う際に、貸出の見合いとして、一部の金額を強制的に預けさせることです。目的としては、銀行側が預金を増やすためや利ざやを稼ぐために行われており、銀行側にしかメリットがないものです。

借り入れた顧客側としては、強制的に預けさせられた一部の金額を自由に使うことができず、利息の計算も実際に自由に使える金額と自由に使えない預けている金額のトータルで計算が行われるので、事実上、金利の負担が大きくなります。拘束預金が発生することから、事実上禁止されています。

しかし、実際には不動産担保で融資を受ける際に実質的に行われており、担保物件が少ない場合には、定期預金や定期積金を組ませることで、担保物件と融資金額の保全率を上げる行為が行われています。

見合預金を強制的に使われて融資を受けた場合には、金利が跳ね上がる計算方法が行われているので、こうした行為を勧めてくる金融機関に対しては、注意が必要になります。

また、融資以外では個人が利用する定期預金や通知預金なども拘束性の強い預金サービスになるので、自由に引き出すことができないデメリットがありますが、利息の割合が普通預金と比較しても高めに設定されているので、普通預金が多く所有している場合に、一部の現金を定期預金に預けることで多めに利息を発生させるなどの目的で使われる場合が多く、自分で指定した満期日が訪れないと引き出せない一面もありますので、自分の計画で使うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ