見返担保を使うことで後から担保物件を設定

金融機関が顧客に融資を行う際に、担保物件の書類を集めて対象物件として設定を行いますが、見返担保とは対象物件の書類を集めている状態で、実行をせずに顧客に融資を行う事を言います。

これにより、通常では担保権設定が行えない場合などの取引に使われており、金融機関側はいつでも担保権を設定できる状態になるので、もし、顧客が返済不能に陥った場合には担保権を設定することで、対象物件を手に入れることが可能です。

通常の担保ローンなどでは、もし支払えなかった場合の代わりに、顧客の財産を手に入れることで弁済することが可能となっており、無担保型の消費者信用などと比較しても、もし返済できなかった場合の保険があるので、金利などは低く設定されています。

しかし見返担保の場合には、融資実行を行った時には無担保型で融資を行っているので、消費者信用と同等の金利の設定を行うことが可能であり、その場で対象物件が用意できなかった場合でも融資実行を行うことが可能です。

融資を受けている最中に対象物件を所有することが可能であれば、金融機関はその対象となる書類を集め、顧客が債務不履行に陥った場合には担保品による弁済が可能になります。

また、担保権が融資中に発動しないことから、対象物件の権利は顧客が所有しており、住宅であればリフォームを行う自由や、宝石類であればカスタマイズなどを行うことが可能になり、通常の品とは異なり、自由に扱うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ