利用者の預金を拘束する見返預金のメリット

見返預金とは、利用者が自由に引き出すことができない制限が設けられた預り金のことです。銀行側としては、債権担保の目的で顧客から預かった金額を利用するので、自由に引き出されては困るものになります。

主に定期預金や通知預金などが該当し、いつでも引き出しが可能な普通預金と比較しても金利が高めに設定されているので、顧客が資産運用のために長期間利用目的がない現金を定期預金に預けることで、高い金利を発生させることが可能です。このような性質があることから、拘束預金とも呼ばれています。

定期預金の場合には、利用者が指定した満期日までは預けることは可能ですが、途中で引き出すことが不可能であり、急に現金が必要になった場合などは引き出すことができないというデメリットがあります。

ただし、利用者が自分で引き出すことが出来る満期日になれば引き出すことが出来るので、所有している現金に余裕があり、一部の現金の利用がない場合などに申し込む場合があります。また、企業なども資産運用の為に利用しており、余裕がある金銭がある場合には、定期預金に預けることで金利で資産を増やすことで使われています。

一部の銀行では、融資を受けた際に銀行側は預り金を増やすこと、利ざやを稼ぐために融資した金額の一部を定期預金に預けることを条件に融資を行う銀行もあり、このような行為は禁止行為とされているので、融資を受けた側としても自由に使えない金額の利息が発生するなどのデメリットもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ