クレジットカードの最低支払額を決めるミニマムペイメント

ミニマムペイメントとは、クレジットカードや消費者金融を利用した際に、支払金額を分割で支払う場合にリボルビング方式で返済を行った場合の最低支払額の事です。

クレジットカード会社や消費者金融によって最低支払額は異なっており、リボルビング方式による支払いを申し込めば、当月は最低支払額だけの支払いだけを行い、残りの残金は翌月へスライドする仕組みになります。

例えば、クレジットカードを1万円分利用した際、利用者が返済に対して負担が大きいと感じた場合にリボルビング方式の支払いを申し込み、最低支払額が3,000円に設定されていれば、その月の支払いが3,000円だけになり、残りの7,000円は翌月へスライドします。

また、翌月もリボルビング方式の支払いを申し込めば、3,000円の支払いを行い、残りの4,000円は更に翌月へスライドすることになります。

この仕組みから、リボルビング方式の返済方法は金銭感覚が麻痺するとも言われており、1度の融資を受けた場合にスライドを繰り返せば残金は減らすことが可能ですが、再びクレジットカードや消費者金融を利用した場合には、残金が増える仕組みになります。

毎月の支払額がミニマムペイメントだけで済むので、利用者は返済金額のトータルを把握することが鈍ってしまい、新たに融資を受けた場合には残金へと加算されるので、リボルビング払いをやめない限り、永遠に残金を減らすことができず、完済までに長期的な時間がかかる際には利息も膨らんでしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ