無効カードと呼ばれる使うことが出来ないクレジットカード

加盟店でクレジットカードを利用する際に、オーソリゼーションと呼ばれる承認が行われますが、この承認システムで拒否されたクレジットカードのことを無効カードと言います。

クレジットカード会社が所有している無効通知リストと呼ばれるデータベースがあり、ここに登録されたクレジットカードは問題のある状態なので、利用することが許されていません。

主にクレジットカードを紛失や盗難に遭遇した場合には、利用者が緊急再発行の連絡を行うことで、盗難、紛失したモデルの利用停止の処置が行われ、無効通知リストに登録が行われます。これによって、拾得した第三者が不正に利用したとしてもオーソリゼーションの際に拒否されるので、事前に不正利用を防ぐ役割があります。

また、利用料金の支払いを滞納している場合でも該当しており、滞納を繰り返せば強制退会が行われるので、利用出来なくなったモデルとして無効通知リストに登録されます。このようにして、利用者や加盟店の安全を守るために、オーソリゼーションシステムの導入が行われています。

無効カードに登録されたクレジット番号は二度と出まわることがなく、紛失、盗難に遭遇した利用者には新たにクレジット番号が割り振られたモデルが送られてくるので、自動決済や支払先としてしている場合には番号を書き直す必要があり、今までの番号情報を使っている場合には、無効通知リストの影響から決済を行うことが出来ない状態になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ