無担保貸付で顧客の信用だけで融資を行なうこと

無担保貸付とは、クレジットカードや消費者金融などの担保が発生しない融資の事で、1970年代の団地金融から始まりました。

それ以前は、質屋に担保物件を預けることでそれに見合う現金を融資してもらっており、もし返済不能な状態になれば担保物件の所有権が移動するので、債権者はリスクを負うことなく融資を行うことができました。

団地金融の登場により、貸金業のスタイルにも変化を見せ始めており、当時は高度経済成長期だったこともあり、安定した収入の確保が行えた団地に住む人を中心に、現金の融資が無担保にて行われました。これが消費者金融の始まりであり、クレジットカードや販売信用などが登場する事になります。

無担保貸付は担保が存在せず、顧客の信用を返済のあてにしており、支払日にきちんと返済を行うことが前提となっているので、消費者信用産業と呼ばれており、顧客の信用の判断を行う為に、融資を受ける前には審査が発生します。

審査には初回審査と途上審査の2つがあり、初回審査では現在の収入状況から資産状況、過去の取引データから顧客の性格審査が行われており、途上審査では既に利用している状況を監視することで、きちんと返済を行っているのかがチェックされます。

これらのデータは個人信用情報機関にて回収されており、他のクレジットカード会社や消費者金融などが閲覧することが可能です。これにより、他社のクレジットカードの支払いが滞納したことで、自社にも滞納されるかもしれないと危惧することができるので、利用停止処置など事前にリスク回避を行うことが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ