モーゲージ・ローンを使った老後を過ごすローンサービス

モーゲージ・ローンとは、所有している不動産の抵当権を差し出すことで、銀行から融資を受けるローンサービスです。

抵当権とは、もし融資された現金を返済できない場合に、抵当物件として設定を行った不動産の所有権を、裁判所を通して抵当権者に引き渡す権利であり、ここでの抵当権者は現金の融資を行った銀行が該当します。

抵当権は担保の一種となりますが、通常の担保で不動産を設定する場合とは異なり、融資を受けた場合の担保物件である不動産の所有権は、現金の融資を受ける債務者が所有していることになります。通常の担保では、所有権を債権者が所有するものになるので、債務者が不動産をどのように扱うのかは自由です。

日本では、シニア層向けにモーゲージ・ローンが活用されており、所有している住宅を抵当物件として設定を行うことで、それに見合う現金をいつでも引き出すことが可能であり、月々の返済なども行わずに利用することが可能です。

金融機関がいつ返済をしてもらうのかといえば、利用者の死後であり、抵当権が発動することで、住宅の所有権を手に入れることが出来ます。

住宅を売買した現金で完済する方式になるので、生きているうちでの返済は不必要であり、また、抵当物件に見合う融資された現金もフリーローンとして利用することが可能で、自由に利用することができるので、ゆとりのあるセカンドライフを過ごすことが出来るローン商品となります。これにより、後世に残す財産が無くなることにもつながります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ