クレジットカードの利用状況をモニタリングする必要性と途上審査

モニタリングとは、クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスなどの消費者信用ビジネスにおいて、審査の一つになります。

消費者信用ビジネスは顧客の信用を元に現金を融資するので、返済日にきちんと支払いを行うことが条件になりますが、顧客の中には、返済日を守らずに支払いの遅延や滞納などを行ってしまう顧客がいます。

当然、現金を融資する金融機関からしてみれば、融資を行って返済を行わない顧客はリスクとなるので、このリスクだけは避けたいものになります。そこで、顧客に対して審査が行われており、初回審査は申込時に他社での利用状況や収入状況、所有している財産などが審査の対象となり、これをクリアすることで、クレジットカードや消費者金融などを利用することが可能になります。

しかし、初回審査だけでは顧客の性質を全て見極めているわけではなく、利用中にトラブルを発生させる可能性なども秘めているので、モニタリングと呼ばれる途上審査が行われています。

これは、クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービスなどを利用している最中の、融資してもらっている金額や返済状況などを監視しており、例えば、クレジットカードの支払日を過ぎても支払わない場合には信用ができないと判断できるので、サービスの利用停止が行われ、逆に支払い日をきちんと守れば優良顧客としてみなされるので、信用ができると判断されれば利用できる与信枠の拡大などが行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ