約定返済は返済のルールを決めてお金を貸すことを指す

借りたものを返すのは当たり前のことです。基本的な部分と言えど、しっかりと明記しなければ度々トラブルに繋がるのは明白でしょう。消費者金融や金融機関ではローンとしてお金を貸す場合には、色々と返済ルールを決めます。

これを約定返済と呼び、例えば翌月の指定日までに規定された金利に則り、指定された支払金額を支払うという決まりです。これを実行すれば、債務者と債権者の間でのトラブルを防げるでしょう。難しいように説明していますが、簡単に直せば「返済方法の説明」ということで、金融用語では約定返済と呼んでいます。

通常はこの名前で説明されることが多いのですが、専門用語を知らない人にはピンときません。だからこそ、ちょっとややこしいように返す方法を説明している訳です。普通に考えれば「返済方法の具体的なルール」ということは分かるのですが、約定返済と表現すると意味が通りにくくなってしまうのです。

金融用語は曖昧な表現や似通った表現が多いので、困惑する人も多いものです。キャッシングとローンも似ているようで違います。しかし、これらは消費者にとってみれば知らないくても問題はありません。

そのため、意味すら知らない人は多いでしょう。だからこそ、書面において詳しく具体的にお金を返すに関するルールを記載しており、それを見れば、多くの人は納得します。返済はこういった手順で行いますという基本的なことが書かれているので、本来であれば契約時にこの内容で同意することになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ