約束手形は為替手形とは少し意味合いが違う

約束手形は、支払いを約束された有価証券であるという認識が大切です。分かりやすく言えば、銀行が企業に支払期限付きでお金を貸すという意味です。企業の経営が不振になり、銀行が資金的援助をしなくなれば倒産することになります。

貸出業者が債務者に対してお金を貸すことを約束する有価証券を、約束手形と呼んでいます。同じような意味で為替手形もありますが、少し意味が変わってきます。為替手形では第三者である支払人がそこに存在します。この違いがあるだけで性質的には何も変化はありません。

金融は略語であり、本来の意味は「お金を融通する」ことです。日本のような資本主義国家では、お金は常に平等に広まる訳ではなく、自然と偏ります。つまり、お金持ちにはどんどんお金が入っていき、貧しい人にはあまり入っていきません。しかし、そういったアンバランスは国家としても受け入れられるものではないでしょう。

国家が資本主義を通して繁栄していくには、国民が平等に金銭的に豊かになることが望ましいのです。そうすれば投資が過熱するので、設備投資が増えて優秀な製品が作り上げることが出来るのでしょう。海外からのマネーが入れば、さらに国は繁栄するという好循環を作り出すためには、金融が何よりも重要になります。

お金を持っている人が、お金が足りない人へ貸してあげるという仕組みがあるからこそ、資本主義は続けることができるのです。つまり、金融は国を維持するために無くてはならないのです。そんな中登場するのが証券であり、代表的なのが株や有価証券です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ