約弁減額をする時はまずは相談することから

債務不履行に陥る前に対策を打てば、少しでも企業の損を減らせます。その時に出される提案が約弁減額で、これは約定している返済金額が返せないと分かった段階で返済金額を減額せるという措置です。債務者が相談すれば、債権者側の考慮によって措置がとられるケースがあります。

消費者金融が台頭してきたことと、インターネット技術が発達したことにより、誰でも気軽にお金を借りることが可能となりました。カードローンやインターネットキャッシングが広く世間的に普及したことがその原因です。24時間いつでもお金を借りることができるのは、良い意味で世の中の消費行動を変化させる原因にもなります。

上手く循環することができれば、景気回復に大きな意味を持つのです。
しかし、そればかりでは悪い要素が蔓延してしまう可能性があるので、注意が必要です。お金をしっかりと返してくれる人ばかりならよいのですが、そうでない可能性のほうが高いでしょう。

お金を借りる人は、生活に困っていたり何かしらの事情があってお金を借りています。ということは、もしかしたら借りたお金が返せないという人もいるかもしれません。そこで債務不履行が発生すると、お金を貸した企業は非常に困ります。

それがそのまま負債となり、損失に繋がるからです。放置しておくとデフォルトに陥ってしまう可能性もあります。こうなるともうどうにもならないので、少しでも負債の減額に向けて努力をしていくのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ